ショッピングローン・クレジットの株式会社日本プラム

ショッピングローン・クレジット契約の株式会社日本プラム加盟店様ログイン

※パスワードは8桁の英数です。

勧誘方法等確認のお願い

2016.9.7
勧誘方法等確認のお願い

 

お客さまへ

 

 クレジットのお申込みにあたって、お客様が不利益を被らないために、売買契約等に係る下記の1.4.に記載の内容について、お客様自らがご確認くださいますようお願い致します。

 また、クレジットのお申込みの内容につきましては、割賦販売法に基づき、当社から電話で確認の連絡をさせていただきますので、ご協力の程よろしくお願致します。尚、当社からの電話確認時には申込書をお手元にご用意くださいます様お願い致します。

 

1.お申込みいただく際には、以下の事項をご確認下さい。

①お申込みいただく商品・サービス・役務(授業含む)・教材等は申込書に全て記載されていますか。また、申込書に記載されていない付帯サービスや約束事項はありませんか。

②お客様が購入される商品の必要とする数量又は役務の提供(授業含む)を受けられる期間などは、ご自身で決められたものですか。

商品及びサービスの内容それらの性能・品質、効果・効能又は役務(授業含む)・教材等の内容について、カタログ、チラシ、パンフレット等に記載されていた内容通りの説明でしたか。又、実現が不確実であるのにあたかも確実であるような説明を受けていませんか。

 

2.クーリングオフの内容等についてご確認下さい。

①クーリングオフのお知らせをご覧になりましたか。

②原則として、申込書記載の「申込年月日」の日付が起算日となります。

③中途解約について記載された書面をご覧になりましたか。

 

3.販売店による以下の行為は、法律で禁止されておりますのでご確認願います。

①勧誘時に嘘をつくこと(不実告知)。

②消費者にとって不利な事実があっても、わざと言わないこと(事実不告知)。

③脅迫まがいに契約を迫ること(威迫・困惑)。

④契約をするまで長時間居座ること又は「帰る」との意思表示をしたにもかかわらず契約するまで帰さないこと。(不退去・退去妨害)。

⑤「クーリングオフはできない」と嘘を言うこと、威迫して困惑させることなどによりクーリングオフを妨害すること。(ご注意: 自動車はクーリングオフの適用はありません。)

⑥虚偽・誇大説明をすること。注)禁止行為等についてお気づきの点がありましたら、速やかにクレジット会社にお申し出下さい。

 

4.「連鎖販売」及び「業務提供誘引販売」及び「特定継続的役務提供」の販売方法によるご契約について。

①「連鎖販売」及び「業務提供誘引販売」の販売方法によるご契約のお申込みをいただく際、『特定負担』『特定利益』又は『業務提供利益』について記載された書面をご覧になりましたか。

※特定負担とは、お客様が取引きに伴い購入するすべての金銭的負担のことをいいます。

    例:商品購入代金、入会金、研修費、保証金など

※特定利益とは、商品売買で得られる利益以外の利益のことをいいます。

    例:マージン・紹介料、リクルート料・スポンサー料、ボーナスなど

※業務提供利益とは、販売事業者から購入した商品サービスを利用して販売事業者より紹介、斡旋された業務(仕事)から得られる収入のことをいいます。

②「連鎖販売」及び「特定継続的役務提供」の販売方法によるご契約のお申込みをいただく際、『中途解約』について記載された書面をご覧になりましたか。

 

【お願い】

 お申し込みの内容やご契約内容が実際のものと相違している場合や、上記記載内容に一つでも該当する場合は、当社から確認の電話を差し上げた際に、必ずお申出くださいますようお願致します。

ページのトップへ